ジッツオについて

    ジッツオの三脚、一脚、雲台、そしてアクセサリーは、世界中のプロフェッショナルから業界最高基準として高く評価されています。世界で初めて三脚にカーボンファイバーやバサルトファイバーを、雲台にマグネシウムを採用した革新性と、「小細工はせず、品質に妥協は許さない」という厳格な設計方針によって、ジッツオ製品は比類なき存在となっています。

    デザイン

    クラシックなイメージのスタイルと最新の人間工学とが調和したデザイン。

    クオリティー

    ジッツオの三脚、一脚、雲台、そしてアクセサリーは、世界中のプロフェッ ショナルから業界最高基準として高く評価されています。洗練されたデザインや他を圧倒する品質、そして最先端の技術と素材はジッツオの特殊。

    Technology

    ジッツオは最先端素材の活用によって他をリードし続けています。例えば剛性 が高く軽量のアルミニウム合金、カーボンファイバーチューブ、鋳造マグネシウ ムなどの素材の活用によって、絶対的な安定性と性能を確保しています。
歴史

1917年

ジッツオは1917年、アルセーヌ・ジッツホーベン(Arsène Gitzhoven)によって、フランスで設立されま した。当初は写真業界でカメラ、ケーブルレリーズ、シャッター、フィルムパックフレームなどを製造されました。

1942年

1942 年に第二次世界大戦によりいったん解散しました。

1944年

1944年に生産を再開し、1950年代に入って三脚が製品系列に加わりました。

1960年

1960年には創業者アル セーヌ・ジッツホーベンが引退し、娘のイボンヌ・プリジェール(Yvonne Plieger)と彼女の夫が会社経 営を引き継いで高品質な三脚と雲台の開発に専念し、その製品は世界54ヵ国以上に輸出されました。

1992

1992年、ジッツオは、プロフォトグラファー、放送局や映画製作者へのサポートを専門とする多国籍持株会社Vitecグループの一員となりました。

現在

以来ジッツオは写真用三脚に注力し、カーボンファイバー三脚や180°脚折りたたみシステムなど、後に業界標準となるような技術を数多く発明しました。製品の卓越したクオリティーにより、ジッツオは世界の写真業界で高く評価され続けています。
取り扱いブランド